(平成16年4月1日学則第1号)
改正
平成16年12月20日学則第2号
平成17年2月23日学則第3号
平成17年3月22日学則第4号
平成17年6月1日学則第1号
平成17年11月30日学則第2号
平成18年1月18日学則第3号
平成18年3月1日学則第4号
平成18年4月1日学則第1号
平成19年2月14日学則第2号
平成19年2月28日学則第3号
平成19年10月31日学則第1号
平成20年1月16日学則第2号
平成20年3月26日学則第3号
平成21年4月15日学則第1号
平成22年1月13日学則第2号
平成22年9月8日学則第1号
平成22年11月10日学則第2号
平成23年3月4日学則第3号
平成23年3月28日学則第4号
平成24年3月2日学則第1号
平成24年5月16日学則第1号
平成25年4月10日学則第1号
平成25年8月28日学則第2号
平成26年3月4日学則第3号
平成27年3月26日学則第1号
平成28年3月4日学則第1号
平成28年4月13日学則第1号
平成29年7月28日学則第1号
平成30年1月25日学則第2号
平成31年3月19日学則第1号
平成31年3月27日学則第2号
令和元年6月28日学則第1号
令和元年7月10日学則第2号
令和2年9月2日学則第1号
令和3年2月10日学則第2号
令和3年3月4日学則第3号
令和3年7月27日学則第1号
目次
第1章 総則
第1節 目的(第1条)
第2節 組織(第2条-第8条)
第3節 職員等(第9条・第9条の2)
第4節 運営組織(第10条)
第5節 学年、学期及び休業日(第11条-第13条)
第2章 学部
第1節 修業年限等(第14条・第15条)
第2節 入学(第16条-第25条)
第3節 休学及び退学等(第26条-第31条)
第4節 教育課程及び履修方法等(第32条-第45条)
第5節 卒業及び学位等(第46条-第48条)
第3章 大学院
第1節 修業年限等(第49条-第50条の2)
第2節 入学(第51条-第57条)
第3節 休学及び退学等(第58条-第61条)
第4節 教育課程及び履修方法等(第62条-第68条)
第5節 課程の修了及び学位等(第69条-第71条)
第4章 通則
第1節 賞罰(第72条・第73条)
第2節 学生宿舎等(第74条)
第3節 検定料その他の費用(第75条・第76条)
第4節 研究生、聴講生、科目等履修生、外国人留学生等(第77条-第83条)
第5節 公開講座(第84条)
附則

(目的)
(学部)
(課程及び目的)
課程名目的
機械創造工学課程 機械工学を構成する諸分野(情報・制御、設計・生産、人間環境、材料等)に関する専門知識及び実践的技術感覚を身に付けた技術者の育成
電気電子情報工学課程 電気工学、電子工学、情報通信工学の基本的な専門知識を備え、これらの学際領域及び関連分野の諸課題に対応し、社会に貢献する実践的能力を備えた人材の育成
物質材料工学課程 基礎的な専門知識及び実践技術感覚をベースに新材料並びに新プロセスの開発に資する能力のある創造的な人材の育成
環境社会基盤工学課程 環境と調和した健全な社会基盤施設を、適切に計画・建設・維持するための総合的視野を有し、グローバルな視点から、サスティナブルな社会への貢献、巨大災害への対応ができる実践的・創造的能力を備えた人材の育成
生物機能工学課程 系統的な講義科目の履修や実験と演習に重点を置いた教育の下で、生物の機能をエネルギー、情報、物質の観点から理解し、生物が持つ多様な機能を、直接、更に拡張して工学的に応用できる能力を備えた人材の育成
情報・経営システム工学課程 企業や自治体などの経営組織体に対する社会のニーズが的確に把握でき、経営システムとそれを支える情報システムを新たに創出・提案・実践できる基礎的な能力を備えた人材の育成
(課程の定員)
課程第1学年の入学定員第3学年の入学定員収容定員
 
機械創造工学課程1779226
電気電子情報工学課程1779226
物質材料工学課程1238124
環境社会基盤工学課程1347146
生物機能工学課程1040120
情報・経営システム工学課程112798
80310940
(大学院、研究科及び課程)
(課程等及び目的)
専攻名目的
技術科学イノベーション専攻 海外拠点大学を中心としたグローバル産学官ネットワーク(グローバル融合キャンパス)を土台とした技術科学(技学)教育により、世界で活躍でき、イノベーションを起こせる能力を持ち、日本及び世界の産業を牽引する特に優れたリーダーの育成
専攻名目的
機械創造工学専攻 専門知識及び実践的技術感覚をベースに、機械工学を構成する諸分野(情報・制御、設計・生産、人間環境、材料等)における社会的要請に対応できる創造的能力と国際感覚を備えた指導的技術者の育成
電気電子情報工学専攻 電気工学、電子工学、情報通信工学とそれらの学際領域に対応させた高度な教育・研究指導を行い、社会に貢献できる実践的・指導的能力を備えた人材の育成
物質材料工学専攻 専門知識及び実践的技術感覚をベースに新しい材料並びに新しいプロセスの開発を行う能力のある創造的な指導的人材の育成
環境社会基盤工学専攻 環境と調和した健全な社会基盤施設を、適切に計画・建設・維持するための総合的視野を有し、グローバルな視点から、サスティナブルな社会への貢献、巨大災害への対応ができる実践的・創造的能力を備えた指導的人材の育成
生物機能工学専攻 精緻な生物の機能をミクロからマクロなレベルまで幅広く連関させ、工学的応用を目指す生物機能工学分野において活躍できる実践的・創造的能力を備えた指導的人材の育成
情報・経営システム工学専攻 企業や自治体などの経営組織体に対する社会のニーズが的確に把握でき、経営システムとそれを支える情報システムを新たに創出・提案・実践できる能力を備えた指導的人材の育成
原子力システム安全工学専攻 基盤工学の専門知識の上に、原子力工学及びシステム安全の専門知識を身につけた原子力の安全確保のできる実践的・指導的人材の育成
システム安全工学専攻 システム安全の最先端の知識と高い倫理観を持ち、安全の諸課題や新しい技術に対応できる精深な学識、論理的思考力および想像力、つまり研究能力を有し、これに加えて、安全の諸課題を解決できる卓越した能力、つまり実務能力を有する人材の育成
専攻名目的
情報・制御工学専攻 情報通信・処理、知識情報、計測・制御及び人間工学に関する分野の進歩・発展に貢献できる実践的な研究能力・技術開発能力とその基盤となる豊かな学識をもった技術者・研究者の育成
材料工学専攻 多様な新素材や構造材料の解析・設計・製造、高付加価値材料の創出と複合化及び材料の評価に関する分野の進歩・発展に貢献できる学術的あるいは実践的研究能力・技術開発能力とその基盤となる豊かな学識をもった技術者・研究者の育成
エネルギー・環境工学専攻 エネルギー開発から省エネルギーに及ぶエネルギーシステム、その根幹をなす機器装置の高性能化を図るエネルギー材料及び風土に適合した環境システムに関する分野の進歩・発展に貢献できる実践的な研究能力・技術開発能力とその基盤となる豊かな学識をもった技術者・研究者の育成
生物統合工学専攻 幅広いバイオテクノロジーの展開に応じた新規生体高機能分子の設計と創造、安全で安心な環境のための持続技術の開発、高次生体機能の解明及び医療・福祉技術向上など生命科学と化学・情報・環境科学を統合した分野の進歩・発展に貢献できる実践的な研究能力・技術開発能力とその基盤となる豊かな学識をもった技術者・研究者の育成
(専攻の定員)
5年一貫制博士課程修士課程博士後期課程
専攻名入学定員収容定員専攻名入学定員収容定員専攻名入学定員収容定員
   
技術科学イノベーション専攻1575機械創造工学専攻96192情報・制御工学専攻721
   電気電子情報工学専攻96192材料工学専攻618
   物質材料工学専攻50100エネルギー・環境工学専攻721
   環境社会基盤工学専攻60120生物統合工学専攻515
   生物機能工学専攻4794   
   情報・経営システム工学専攻3570   
   原子力システム安全工学専攻2040   
   システム安全工学専攻15 30   
15754198382575
(学内共同教育研究施設)
名称目的
教育方法開発センター 学部及び大学院における教育方法改善に係る調査・研究、企画及び実践等を通じ技術者教育の総合的な推進を図ること。
共通教育センター 学生に対する教養教育を統括するとともに、語学及び専門基礎教育を含む共通教育全般の企画、改善並びに推進を図ること。
語学センター 学生に対し外国語教育と専門分野に係る語学指導を行い、かつ、職員の研究並びに語学研修に資すること。
体育・保健センター 学部前期の学生に対する保健体育の授業を実施するとともに、学生の体育活動及びサークル活動について組織的な指導を行い、併せて学生、職員の健康管理に関する専門的業務を行い、実践的な技術開発の研究に医学的立場から協力すること。
分析計測センター 大型分析計測機器を適切に管理し、研究及び教育の用に供するとともに、分析計測方法及び機器の改善、開発を行うこと。
技術開発センター 企業等との共同研究の推進及び技術教育のための教育方法の開発・研究を行うとともに、学生の総合的な実習の場として資すること。
工作センター 特殊工作機械類を適切に集中管理し、研究及び教育の用に供するとともに、学内の教育研究に必要な実験機器、測定装置等の開発、製作を行うこと。
極限エネルギー密度工学研究センター 極限エネルギー密度発生・解析・応用装置等を適切に管理し、研究及び教育の用に供するとともに、電磁エネルギービーム工学及び高出力レーザー開発・応用工学の研究・開発並びに機器の改善・開発を行うこと。
国際連携センター 本学における海外の学術機関との交流の促進並びに外国人留学生の教育指導及び学生の国際交流推進等を行い、もって、本学の教育研究の国際的な連携の推進に貢献すること。
ラジオアイソトープセンター センターの実験施設・設備を適切に管理運営し、関連教育研究の用に供するとともに、放射線障害防止に関する業務を行うこと。
音響振動工学センター 音響振動工学に関する教育研究の用に供すること。
理学センター 本学における理学に関する教育研究の進展を図ること。
高性能マグネシウム工学研究センター 次世代産業基盤材料としての軽負荷・高性能マグネシウムに関する研究・開発を行うとともに、これに関する教育を行うこと。
アジア・グリーンテック開発センター 新産業創生の基盤技術の開発と、アジア地域で活躍できる先端的アカデミア研究者及び先導的技術者を養成すること。
安全安心社会研究センター 製品及び施設で発生する事故並びに各種安全問題に関する論評・分析並びに安全安心社会構築のための政策提言及び調査研究を行うことを通して、安全安心社会の構築に寄与すること。
メタン高度利用技術研究センター 従来にない高度なメタン利用技術を分野横断的に発展させ、新たな地域産業を起こすとともに、先端的研究者及び先導的技術者の養成を通して、低炭素社会の実現を目指すこと。
技学イノベーション推進センターイノベーション創出を目指す産学官融合研究を通した教育を推進すること。
数理・データサイエンス教育研究センター実践的な数理・データサイエンス教育の全学的展開とeラーニングによる全国の高等専門学校等への展開を推進すること。
総合情報センター 情報化推進及び情報通信技術に関する教育研究を行うとともに、情報基盤の整備及び提供を行うこと。
地域防災実践研究センター 自然災害に対する防災・減災に関する技術の実践研究及び産学官連携事業を推進し、地域防災実践研究による技術革新の基盤を創成するとともに、SDGsの達成に向け自然災害に強いまちづくりに貢献すること。
(附属図書館)
(事務局)
(職員の種類及び職務)
(学部長及び研究科長)
(教授会)
(学年)
(学期)
第1学期 4月1日から8月31日まで
第2学期 9月1日から12月31日まで
第3学期 1月1日から3月31日まで
(休業日)
(修業年限等)
(在学年限)
(入学の時期)
(第1学年の入学資格)
(第3学年の入学資格)
(入学の出願)
(入学者の選考)
(入学手続及び入学許可)
(再入学)
(転入学)
(転課程)
(再入学、転入学等の場合の取扱い)
(休学)
(休学期間)
(復学)
(留学)
(退学)
(除籍)
(教育課程の編成方針)
(教育内容等の改善のための組織的な研修等)
(教育課程の編成方法)
(授業科目)
(授業の方法)
(単位の計算方法)
(各授業科目の授業期間)
(実務訓練)
(単位の授与)
(履修科目の登録の上限)
(他の大学又は短期大学における授業科目の履修等)
(大学以外の教育施設等における学修)
(入学前の既修得単位等の認定)
(成績の評価)
(卒業)
(学位の取得)
(教員の免許状授与の所要資格の取得)
機械創造工学課程高等学校教諭一種免許状工業
電気電子情報工学課程工業
物質材料工学課程工業
環境社会基盤工学課程工業
生物機能工学課程工業
情報・経営システム工学課程情報
(標準修業年限)
(在学年限)
(長期履修学生)
(入学の時期)
(入学資格)
(入学の出願及び入学者選考等)
(博士後期課程への進学)
(再入学)
(転入学)
(編入学)
(転専攻)
(再入学、転入学等の場合の取扱い)
(休学、復学及び退学の準用)
(休学期間)
(留学)
(除籍)
(授業及び研究指導)
(卓越大学院プログラム)
(教育方法の特例)
(教育内容等の改善のための組織的な研修等)
(授業科目)
(授業の方法等の準用)
(他大学院における授業科目の履修等)
(他大学院等における研究指導)
(入学前の既修得単位の認定)
(修士課程及び博士課程の修了)
(大学院における在学期間の短縮)
(学位の授与)
(教員の免許状授与の所要資格の取得)
機械創造工学専攻高等学校教諭専修免許状工業
電気電子情報工学専攻工業
物質材料工学専攻工業
環境社会基盤工学専攻工業
生物機能工学専攻工業
情報・経営システム工学専攻情報
原子力システム安全工学専攻工業
(表彰)
(懲戒)
(学生宿舎等)
(検定料等の額及び徴収)
(授業料その他の費用の免除及び猶予)
(研究生)
(特別研究学生)
(聴講生)
(科目等履修生)
(特別聴講学生)
(外国人留学生)
(外国において教育を受けた学生に関する授業科目等の特例)
(公開講座)
年度平成16年度収容定員
専攻名
 
機械システム工学専攻57
創造設計工学専攻50
電気・電子システム工学専攻54
電子機器工学専攻54
建設工学専攻80
環境システム工学専攻100
機械創造工学専攻97
電気電子情報工学専攻98
材料開発工学専攻94
生物機能工学専攻100
経営情報システム工学専攻30
814
年度平成18年度収容定員
専攻名
 
機械創造工学専攻189
電気電子情報工学専攻193
材料開発工学専攻94
建設工学専攻80
生物機能工学専攻100
環境システム工学専攻100
経営情報システム工学専攻60
816
年度平成18年度収容定員平成19年度収容定員
専攻名
 
情報・制御工学専攻4338
材料工学専攻2730
エネルギー・環境工学専攻2328
生物統合工学専攻714
100110
年度平成18年度収容定員
専攻名
 
システム安全専攻15
15
年度平成24年度収容定員
専攻名
 
機械創造工学専攻184
電気電子情報工学専攻188
材料開発工学専攻94
建設工学専攻80
環境システム工学専攻100
生物機能工学専攻97
経営情報システム工学専攻60
原子力システム安全工学専攻20
823
年度平成27年度収容定員平成28年度収容定員平成29年度収容定員
課程名1年2年3年4年1年2年3年4年1年2年3年4年
 
機械創造工学課程171590902121717909021417179690220
電気電子情報工学課程171590902121717909021417179690220
材料開発工学課程 10404090  404080   4040
物質材料工学課程12   121212  24121250 74
建設工学課程 10404090  404080   4040
環境システム工学課程 105050110  5050100   5050
環境社会基盤工学課程13   131313  26131360 86
生物機能工学課程101050501201010505012010105050120
経営情報システム工学課程 10303070  303060   3030
情報・経営システム工学課程11   111111  22111138 60
808039039094080803903909408080390390940
年度平成27年度収容定員
専攻名
 
機械創造工学専攻188
電気電子情報工学専攻189
材料開発工学専攻47
物質材料工学専攻50
建設工学専攻40
環境システム工学専攻50
環境社会基盤工学専攻60
生物機能工学専攻94
経営情報システム工学専攻30
情報・経営システム工学専攻35
原子力システム安全工学専攻40
823
年度平成27年度収容定員平成28年度収容定員平成29年度収容定員平成30年度収容定員
専攻名
 
情報・制御工学専攻33332925
材料工学専攻33332823
エネルギー・環境工学専攻33332925
生物統合工学専攻21211917
12012010590
 年度令和3年度収容定員
専攻名         
  人
機械創造工学専攻 192
電気電子情報工学専攻 192
物質材料工学専攻 100
環境社会基盤工学専攻 120
生物機能工学専攻 94
情報・経営システム工学専攻 70
原子力システム安全工学専攻 40
システム安全工学専攻 15
 823
年度令和3年度収容定員
専攻名
  人
システム安全専攻 15
 15