(平成16年4月1日規則第134号)
改正
平成21年3月3日規則第68号
平成22年9月10日規則第49号
(目的)
(組織)
(放射線安全委員会)
(放射線取扱主任者等)
(主任者の職務)
(管理責任者)
(維持、管理及び点検)
(放射性同位元素の取扱等業務に従事する者の登録)
(管理区域)
 従事者として、第8条に基づいて登録された者
 見学等の目的で、一時立ち入り者として管理責任者が認めた者
(受入れ及び払出し)
(使用)
 密封されていない放射性同位元素を使用しないこと。
 放射線実験棟以外では使用しないこと。
 放射線源が破壊され、散逸して汚染するおそれのない状態で使用すること。
 管理区域内では、個人被ばく線量計を指定された位置に着用し、随時被ばく線量を測定して、所定の用紙に記録すること。
 放射線照射中は、照射中であることを表示すること。
 その他、主任者の指示に従うこと。
(保管)
(運搬)
(廃棄)
(場所の測定)
 測定日時
 測定箇所
 測定をした者の氏名
 放射線測定器の種類及び型式
 測定方法
 測定結果
(個人被ばく線量の測定)
 胸部、ただし、女子にあっては腹部
 イのほか、頭部及びけい部から成る部分、胸部及び上腕部から成る部分並びに腹部及び大たい部から成る部分のうち、外部被ばくによる線量が最大となるおそれのある部分が胸部及び上腕部(女子にあつては腹部及び大たい部)から成る部分以外の部分である場合は、当該部位
 人体部位のうち、外部被ばくによる線量が最大となるおそれのある部位が、頭部、けい部、胸部、上腕部、腹部及び大たい部以外の部位である場合は、イ及びロのほか当該部位
 測定対象者の氏名
 測定をした者の氏名
 放射線測定器の種類及び型式
 測定方法
 測定部位及び測定結果
 算定年月日
 対象者の氏名
 算定した者の氏名
 算定対象期間
 実効線量
 等価線量及び組織名
 集計年月日
 対象者の氏名
 集計した者の氏名
 集計対象期間
 累積実効線量
(教育及び訓練)
 放射線の人体に与える影響 (30分)
 放射性同位元素の安全取扱い (4時間)
 放射線障害の防止に関する法令 (1時間)
 放射線障害予防規則 (30分)
 その他放射線障害防止に必要な事項
(健康診断等)
 従事者として登録する前又は初めて管理区域に立ち入る前
 管理区域に立ち入った後にあっては1年を超えない期間ごと。
 末しょう血液中の血色素量又はヘマトクリット値、赤血球数、白血球数及び白血球百分率
 皮膚
 眼
(放射線障害を受けた者又は受けたおそれのある者に対する措置)
(記帳及び保存)
(事故届)
(危険時の措置)
(地震等の災害時における措置)
(報告)
別表1

別表2
点検項目点検結果
・放射線実験棟の出入口及び窓の錠が正常に作動すること適否
・放射線実験棟の出入口付近及び壁に「管理区域(使用施設)」標識が付されていること適否
・放射線実験棟の出入口付近に注意事項及び緊急時の連絡先が掲示されていること適否
点検項目点検結果
・床、壁及び天井の亀裂等異常がないこと適否
・照射装置兼貯蔵容器の遮蔽に異常がないこと適否
・照射装置兼貯蔵容器のシャッターの錠が正常に作動すること適否
・密封された放射性同位元素の貯蔵箱の遮蔽に異常がないこと適否
・密封された放射性同位元素の貯蔵箱の扉の錠が正常に作動すること適否
・出入口付近に「放射性同位元素使用室」標識が付されていること適否
・照射装置兼貯蔵容器に「貯蔵容器」標識及び注意事項が付されていること適否
・貯蔵箱に「貯蔵箱」標識及び注意事項が付されていること適否
・出入口付近の自動表示装置が正常に作動すること適否
・線量率計・モニター等の機器が正常に作動すること適否
点検項目点検結果
・床、壁及び天井の亀裂等異常がないこと適否
・出入口付近に「放射性同位元素使用室」標識が付されていること適否
点検項目点検結果
・床、壁及び天井の亀裂等異常がないこと適否
・出入口付近に「放射性同位元素使用室」標識が付されていること適否