(令和2年4月1日機構規程第62号)
目次
第1章 総則(第1条-第8条)
第2章 勘定科目及び帳簿組織(第9条-第12条)
第3章 予算(第13条-第15条)
第4章 出納取引(第16条-第24条)
第5章 資産(第25条-第31条)
第6章 債権及び債務(第32条-第35条)
第7章 契約(第36条-第45条)
第8章 決算(第46条-第48条)
第9章 監査(第49条)
第10章 弁償及び責任(第50条-第52条)
第11章 雑則(第53条)
附則

(目的)
(適用範囲)
(年度所属区分)
(会計単位)
(会計事務の総括)
(責任者)
(責任者の職務)
(責任者の兼務禁止)
(勘定科目)
(帳簿の種類)
(記入責任)
(帳簿の種類等)
(予算の作成)
(予算の配分)
(予算の執行)
(取引金融機関の決定)
(収入)
(収納)
(収入金の預入れ)
(支出)
(支払)
(預り金等)
(余裕金の運用)
(出納事務取扱)
(固定資産の範囲)
(固定資産の減価償却)
(固定資産の減損処理)
(有価証券の評価基準及び評価方法)
(たな卸資産の範囲)
(たな卸資産の評価方法)
(資産の管理等)
(債権の管理)
(債権の回収)
(債務の管理)
(債権の放棄等)
(一般競争)
(指名競争)
(随意契約)
(入札の原則)
(予定価格)
(落札の方法)
(契約書の作成)
(保証金)
(監督及び検査)
(政府調達の取扱い)
(決算の目的)
(月次決算)
(年度末決算)
(監査)
(責任者の義務及び責任)
(亡失等の報告)
(弁償責任の決定及び弁償命令)
(雑則)